32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

ワンルームか一棟の選択で不動産投資の成否が決まる

      2016/02/12

マンション購入の際、
ワンルームのみか一棟丸ごと購入するかの選択が必要になります。

ワンルームのみ購入
メリットは低予算で済むということが第一にあげられます。
300万円程度から購入可能のため、
多くの方が一括で支払うことができます。

入居者を一人獲得し、
長期間入居が叶えば安定の家賃収入が叶います。
しかし、低予算と引き換えにデメリットも存在します。

それはそのワンルームが家賃収入の全てということです。
つまりその一室が埋まらなければ家賃収入0ということになり、
管理費等自分で支払う必要があります。

3556207034_9b8d89ee0e_o

マンション一棟購入の場合
マンション一棟となれば、総額が億超えともいわれます。
しかしワンルームと違い一棟の中で空室が1つ出ても、
他の部屋に入居者がいれば空室分を補うことができます。

100%か0%といった賭けをせずにすむため、
ワンルームより安全という声もあります。

しかしデメリットは天災や事故・犯罪
起こった時のリスクが大きい
ということです。
事故や犯罪が起こった場合、
そのマンション自体の価値が下がり
元々の入居者までも手放してしまう可能性があります。

マンション一棟ということは、
天災時に損傷した修繕費用は全て自分もちとなります。
それを補うことができるメリットは、
マンション自体を自分の好きなように管理できるということです。

40353289_624

このようにそれぞれに
メリットとデメリットが存在していますが、
今後自分がどのように投資を行っていきたいかで
選択するべきものを見極められます。

 

現在自由に使えるお金や普段の生活リズムを考え
ワンルーム投資、マンション一棟投資を選びましょう。

 

多くの投資家がある程度、
ワンルームの家賃収入で余裕が出たのち
一棟を購入するのはかかる総額の大きさや
一棟を購入することで
土地全てを所有することができるためです。

 - 成功の秘訣