32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

不動産投資の落とし穴、投資額を増やす勇気が成功の秘訣

      2016/02/12

不動産投資に必要なものは、投資金と物件です。
投資金は、全額用意することができない場合
ローンを組んで返済していくことも可能です。

ローンを組むことに抵抗があると考える方も多く、
一括で物件を購入することができる金額のもの
選んでしまう場合があります。

money-615878_640

確かに安く購入すれば、それだけ返済額を下げ
負担を最少に抑えることができます。

 

しかし「入居者が常に確保できれば」の話です。
築年数が5年未満、相場家賃に比例している、
セキュリティ面が充実
といった
条件が揃っている物件は人気が高くなります。

 

月給が10万円ほどの方が家賃2万円と6万円の物件を見て
必ず2万円の物件を選ぶとは言い切れません。
その物件が築年数50年以上たっている、
1R6畳未満の風呂トイレなしとなれば
若い女性は到底住むことはできません。

best-friends-329333_640

生活のレベルというものは、なかなか落とすことができません。
今では家賃を最少に抑え
食費や光熱費を極限までかからないようにするといった
生活を送る人も少なくなっている今では
どう頑張っても安いだけの物件は成功しないのです。

場所を提供するだけの不動産運営の時代ではないということを
頭に入れておかなければいけません。

 

不動産投資を行う際、物件自体の金額を見るのでなく
その後得られる収益の大きさを見て
投資する金額を上乗せすることが成功への近道となります。

 - 成功の秘訣