32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

家賃収入のからくりと安定の収入を得る方法

      2016/02/12

不動産投資を行うために
最重視しておかなければいけないことは、
家賃収入です。

 

高い費用をかけ、物件を購入したとしても
家賃収入が叶わなければ
投資額、まるまるマイナスとなってしまいます。

家賃収入を得るということは、
物件を購入する際にかかった費用を取り戻すだけでなく
物件そのものの管理料に利用しなければいけないものです。

 

マンションであっても、一軒家であっても
月日がたてば内装、外観共に汚れや不備が出てきます。
そのため、定期的に清掃や点検を行わなければいけないのです。

家賃収入とは、投資にかかった額を取り戻し
購入した物件を賃貸物件として長く活かすために
手に入れ続けなければいけないものです。

 

家賃収入が0である、
この場合入居希望者を増やすために
家賃価格を下げなければいけなくなることもあります。

5109755069_ca46bd2617_b

目先の収入が減ってしまうと思い、
入居希望者からの家賃の交渉を
断り続ける不動産オーナーがいますが
1ヵ月分の家賃収入
1ヶ月の空室によって起こるマイナス額
比較してみなければいけません。

 

例えば月々の希望家賃が8万円とします。
入居希望者がしばらく現れず、
ようやく希望者がいた時
家賃を7万5千円に下げてほしいと
交渉されたとしましょう。
月々の5千円のマイナスは年間で
希望額より6万円下がることになります。

 

しかしその交渉を蹴ったとし、
入居が叶わなかった場合
7万5千円の家賃収入が
得られるチャンスがあったにも関わらず、
家賃収入がその月、0円になってしまう
のです。

 

いつ入居者が現れるかわからない、
その場合は入居希望者の交渉内容や
希望者が増加する条件を見直す必要があるのです。

 - 不動産投資【基礎編】