32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

賢い不動産運営は地方と都市で変化をつける

      2016/02/12

不動産投資を行う際、
人口密度が高い都市を選択する方が多いといわれています。
しかし地方には地方のメリットが存在していて、
管理のしやすさと収益の見込みが多いものを
見極める必要があります。

 

都市
地方から就職や進学者が多く、一人暮らしの割合が高くなります。
そのため駅近くの条件で家賃が安ければ、
繁忙期に契約を逃しても入居者を獲得できる可能性があります。
しかし都市の物価は高く
土地代も地方と比べ負担が大きくなります。

車を所有する人が少ない都市部では駅近付近は外せません。

Shinagawa_Station_20070504-02

地方
地方での不動産投資は、
家族向けマンション等が有効的といわれています。
子供のために自然が多く、
交通量の少ない場所を選ぶ方も多い
のです。
そして長期入居率が高くなります。
物件の量が関係していて、
同じ家賃のマンションに引っ越すくらいなら
そのまま住み続けた方がいいと考える方がたくさんいます。
子供が大人になるまでかかるお金を知ると、
贅沢をするより妥協し節約をする方が多くなるからです。

Fountain_Yoyogipark

物価も都市に比べ安価になりますが、
人口密度が低く繁忙期に入居が決まらない場合
長期間空室状態が続いてしまう危険性が高く
なります。

場所によってそれぞれのメリットとデメリットが異なっています。
そのため選ぶ物件の大きさ、かける投資額から
利回りが高まる場所を選択しなければいけません。

 - 成功の秘訣