32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

聞き流しがちな投資の基本、「なんとなく」が不動産投資の最大の敵

      2016/02/12

お金をかけることなく、多くのお金が得られるビジネスがしたい!
ほとんどの方が「そんな甘い話あるわけない」と思いながらも夢みがちです。
昔、肩たたきをしてお小遣いをもらっていたなんてエピソードをよく聞きます。

今となれば、誰かに肩たたきをしてお金をもらうなんて
ありえないことですよね。
何かをして見返りをもらう、これは社会に出ると日々その繰り返しになります。

仕事をするからには、給料に見合った仕事をこなす、
そういう高い意識をもたないといけません。
仕事で失敗しないために、成功するために考えて行動する。
結果を生み出すためには必要な仮定です。
これは、投資の世界も同じことがいえます。

しかし、必ず予想通りにいくとは言えないのが投資です。

投資の世界には、リスクとリターンという言葉があります。
身近な投資で代表的なのが種類に預金・株式・不動産です。
それぞれにリスクとリターンが存在していますがリスク、リターンの大きさはそれぞれ違います。

 

預金の場合
ほとんどの方が預金をして将来に備えていると思います。
銀行にお金を預ける方が安心だからですよね。
また少額ですが、金利がつくため現金で家に保管しておくよりお得になります。
物事に絶対は存在しないため、銀行の倒産が預金のリスクと言われています。
しかし大手の場合、安定しているため安全でローリスク・ローリターンになります。

通帳

不動産投資の場合
予測できない災害が起こった際に建物が被害にあう、
リノベーションにより費用が必要となる等のリスクがあります。
不動産投資は、家賃収入を得て投資額以上の収益を得るための投資です。
例えばマンション一棟を所有していた場合、災害等のトラブルで建物を取り壊しても
土地を活用して収益を得ることができます。
入居者を獲得し続けることで、いくらでも収益が見込める投資です。
そのため不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

マンション

株式の投資の場合
これから売り上げや業績があがると予想される会社の株を購入し、
株価が上がった時の差額を得るための投資です。
株式に関しては、現在業績が上場していても急に暴落することも多々あります。
しかし、投資額の何倍にもなって返ってくることもあるため、
ハイリスク・ハイリターンと言われています。

株

きちんとリスクとリターンの関係を知っておくと、増やしたいお金の量や
今現在、余裕をもって使えるお金によって自分にあった投資方法を見極めることができます。

 - 成功の秘訣