32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

マンションの需要が高まる世の中の流れにのる不動産投資家、お金の波にものれる

      2016/02/12

「結婚の予定はないの?」母親に真顔で聞かれました。
32歳になって独身、彼氏なしだったら当然心配しますよね。

わかってはいるのですが、
そうタイミングよく出会って結婚!なんてそうそうできないものです。
そんな私も、結婚生活の妄想は気付けばしてしまっています。
庭のある一戸建てで旦那と子供とのんびり過ごす休日、
いつになるかわからない夢のまた夢ですけどね。

 

一戸建てで思い出したのですが、
不動産オーナーの友人に
「やっぱり家族で住むなら一戸建てが人気でしょ?」と言ったら
「最近はマンション、人気だよ」と。
将来の目標を聞かれたらとりあえず一戸建て!という
時代は終わったの?!と衝撃的でした。

友人曰く「需要があるから不動産オーナーになる人が増えているんだよ」と、
確かにそうですよね。
不動産投資=一人暮らし用のマンション、というイメージが強かったため
家族向けのマンションも今後は視野にいれていきたいなと視野が広がりました。

まず結婚後、
子供ができてもマンションに住む方が増えている理由を知らなくてはいけません。

 

人間関係でのメリット
近年になって犯罪等がさらに多くなってきていると思いませんか?
子供のいじめだって「子供同士の問題だから」と軽視できなくなってきました。

このような状況でもマンションの場合、生活環境を変えることが簡単にできます。
そしてどんなマンションに住むかで、無理をして近所付き合いをする必要がなくなります。

ママ友同士のトラブル…なかなか多いですよね。
あまり関わりたくないと思っていても、
子供同士が仲良しだから、同じ学校だからと
負担に感じながらも付き合いを続ける方がたくさんいます。
住居が購入したマンションであっても、賃貸にまわすことができます。

女性

セキュリティー面のメリット
マンション一戸建てと比べてセキュリティーが充実しています。
一戸建ての場合、基本は玄関の鍵だけが安全のための防犯具です。
オートロックや管理人が常駐しているマンションは不法侵入等、事前に防ぐことができます。

警察

防音対策
ただしマンションの場合、
一人暮らしでもよく起こる騒音の問題に注意しなければいけません。
マンションが木造であったり、
壁が薄いという状況の場合騒音問題が起こりやすくなります。
そのため防音設備が整っているかどうか、隣室との距離はどれくらいなのか
特に家族向けのマンションの場合、
子供が騒いでしまうことを考慮して選定しなければいけません。

 

世の中の変化を知るということは、
不動産オーナーになるためには必要不可欠です。
人気のあるもの、注意しないといけないこと、
誰と暮らすかによって選択肢が全く異なってくるものです。

 - 成功の秘訣