32歳独女、不動産投資で脱皮成功

不動産オーナーになるために必要な投資の基礎、入居率をあげるための条件は女性だからこそ満たしやすい!

*

女性が不動産投資を始めるとさらに利益を得られる不思議

      2016/02/12

年齢性別関係なく、なぜ不動産投資を始めるのか?
そんなこと決まっています、稼ぐためです。
少し前までは仕事は男性、
家事は女性というイメージが根付いていました。
でも女性だからこそ活躍できる、女性の長所を生かしたお仕事がたくさん増えました。
やっぱりどうあがいても男性の力には女性はかないません。
でも逆を言えば、女性ならではの気配りがビジネスで有利になることもあるのです。

 

看護師の場合、患者さんを支えたり重いものを持ったり、
男性の力が必要な時もあります。
でも「患者さんはこうして欲しいだろうな」「いつもと様子が違う」
なんて小さなことに気付く能力って女性の方が優れているのです。

看護師の場合、症状の進行に気付くため
日頃から様子や変化に敏感になっていなければいけません。
女性の長所が生かされる仕事であるといえますよね。

 

不動産投資とどんな関係があるの?と疑問に感じられた方も多いと思いますが、
不動産オーナーって女性の方が適していると思いませんか?
入居者が求めることは何か?
もし自分だったらこんな設備があったらさらに安心で便利
だな、
なんて相手の気持ちになって物事を決め、行動に移すことができるのです。
このような気遣いがきちんと配慮されていれば、
入居者が長期間にわたりそのマンションに住みたいと思う一つの理由になります。

 

例えば5年間でワンルームに
短期間の入居者が何人も契約した場合と1人の入居者が5年間住む場合、
ハウスクリーニングや入退去の手続きの回数が異なってきます。

 

短期間契約の場合、次の入居者を見つけるまで期間があき、
家賃収入が得られない月が出てくる場合もあります。
住みやすいと感じられれば、人はよほどの理由がない限り家を離れません。
つまり入居者の年齢や性別に応じて何を求めているのかを考え、
導きだせる能力が優れている女性は
長期入居者の獲得、安定して家賃収入を得ることができるのです。
そのため、不動産投資を始める女性が増えてきているわけです。

また不動産投資を始める際に、
その物件のおおよその利回りを計算することも忘れてはいけません。
実は利回りは簡単な式でおおよその数字を出すことができます。

 

マンション一棟購入した場合
マンション一棟の購入金額が1億円とします。
こんな金額出せるわけない!と思いますよね。
私も一瞬思いましたが、そのマンションが満室になり
年間の家賃収入が960万円だったとします。
この家賃収入960万円を物件購入金額1億円で割ります。
960万円÷1億円=0.096となります。
この数字を100倍にした数字が年間の利回りになります。
今回の場合9.6%ということになりますね。
この利回り、平均どれくらいの数字なのかが気になるところです。

アメリカのお金

その答えは…地方などによってバラバラです!
しかし中古物件の場合、利回り7%以上を目指す方が多いので、
利益になったと感じることができる数字が7%を上回る数字ではないでしょうか。
新築の場合は価値も高く、人気物件となります。
もう少し貪欲に利回りを上げていく考えでもいいかもしれませんね!

 

利回りの数字を最大まで高くするためには、
家賃が少し高くても入居者を確保できる好条件な物件が必要となります。
このような好条件の物件をいくつか所有し、
専業大家として不動産投資で得るお金のみで生活を送っている方もたくさんいます。

 

しかし副業で不動産投資を行う場合、無理をしても意味がありません。
無理をして欲を出し、多くの物件を所有していれば
その分合計管理料が高くなり、業者と連携をとるための連絡頻度が高くなります。
あくまでも副業として取り入れている場合は、
自由に使える時間で対応できる物件数も決めておくべきです。

 - 女性のための不動産投資コラム